• jyagaojisan

コーヒーが森を蘇らせる

先日、yahooニュースで面白い記事がありました。


コーヒーが森を劇的によみがえらせる、研究成果


コーヒーは世界中で毎日飲まれていて、その消費量は私達の想像をはるかに超える量となります。

それだけ飲まれるということは、コーヒー自体がビッグビジネスであり、ネスレなどの巨大グローバル企業はコーヒーにより大きくなった企業だともいうことができます。


ちなみに世界でもっともコーヒーを飲む国TOP10は以下のとおり

(かっこ内はコーヒーまめの消費量)


1位:フィンランド(12kg)

2位:ノルウェー(10kg)

3位:アイスランド(9kg)

4位:デンマーク(8.7kg)

5位:オランダ(8.4kg)

6位:スウェーデン(8.1kg)

7位:スイス(7.9kg)

8位:ベルギー(6.8kg)

9位:ルクセンブルク(6.5kg)

10位:カナダ(6.5kg)



日本もコンビニコーヒーや大手コーヒーチェーン店の躍進により、かなりコーヒーを飲むようになったかなと思いましたが、25位以内にも入っていません。


それでも、日本の年間消費量は1人当たり約3.5kgなので、けっこうな量を飲んでいるように思います。(それにしても1位のフィンランド12kgというのはすごい)


いずれにしても、それだけコーヒーが飲まれるということは、凄まじい量のコーヒー豆を生産しているということで、コーヒーの生産過程で取り除かれるコーヒーパルプが再利用できないかは、ずっと研究されていたようです。


ちょっと時間がかかりすぎたような気もしますが、コーヒー豆だけではなくそのほかの部分も利用でき、それが森の再生に有効だとすると、今後かなり森が増えるのではないかとも期待されます。


私としては、コーヒーを淹れた後のでがらしが、有効できないかといつもおもいますが、肥料になるという話もあれば、肥料の効果はないという真逆の見解もあり、まだ決定的な有効利用方法はないようです。


花里coffeeでは、完全に乾燥させたうえで消臭剤にして、お客様にプレゼントしたりしていますが、とりあえずいまのところはその程度かと思います。


もし、有効利用方法をお知りの方がいたら教えてくださいね。




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示